デミタッセシュガースティックについて

デミタッセシュガースティックとは ?

ドライデン&パルマーのデミタッセシュガースティックはその名の通り、棒付きシュガー。ティースプーンのかわりとして使え、洗練された雰囲気を醸し出します。クリスタル状に精製された氷砂糖はロックキャンディと呼ばれ、デミタッセシュガースティックのように大きなものは、限りなく純粋に近い砂糖でないと作ることができません。混ぜものなしの美しい砂糖の結晶です。

歴史

18世紀のアメリカには氷砂糖メーカーが数多く存在 しました。1880年にチャールズ・ドライデンとノ ア・パルマーが設立した Dryden & Palmer もそのひとつで す。氷砂糖やのど用シロップ、飲料ソーダ用シロッ プ、お菓子などの製造を行っていました。当時、氷砂 糖はバー(saloon)専用といったようなもので、どこの バーにもオリジナルレシピのロック&ライ(ライウイ スキーに氷砂糖を溶かしたもの)がありました。しか し禁酒法が施行され、ウイスキーとともに氷砂糖も姿 を消し、多々あったロックキャンディーメーカーは Dryden & Palmer だけとなったのです。1927年に新し いオーナーを迎えた D&P は今、3代目が事業に携わっ ています。時は流れ、のど用シロップや氷砂糖は薬用 のど飴に、飲料用シロップは安価なコーンシロップに 移行したため、 D&P は会社の存続をかけ、60年代に 棒付きロックキャンディーを開発します。現在、 D&P のロックキャンディーはアジア、ヨーロッパ、中南 米、中近東、南アフリカ、そしてアメリカの50の州 で愛されています。






back to top